古代の脱毛方法とは

古代から始まった脱毛

脱毛の歴史は古代に遡る

ネアンデルタール人の残した壁画には、二枚貝でヒゲを抜く様子が残されています。つまり10万年も昔から歴史は始まっていたということになります。その後石で擦り切る方法が現れ、更に後の紀元前3~4千年には地中海地方や古代オリエントにおいて脱毛剤が生まれました。紀元前300~400年には、あのクレオパトラも蜂蜜やレモンなどを配合した薬を使っていたといいます。一方日本では、確認できる記録は平安時代以降です。額まぎわの毛を抜き揃えて、額の形を整えたといいます。江戸時代には、貝や石を用いて擦り切る方法の他に、花街では線香で焼き切る方法も生まれました。銭湯の男湯側に毛を切るための石が用意されていたことから、脱毛への欲求には男女の隔てもなかったことがわかります。

古代の脱毛の歴史について

古代の女性の脱毛の方法については、ファッションや美容に関する情報誌などで度々特集が組まれることがあり、歴史的に重要な事項をきちんと確かめておくことが大事です。近頃は、脱毛のコツをつかもうとする日本人女性が目立ちますが、まずは一人ひとりの生活習慣やホルモンバランス、肌質などに合わせて、適切な方法を選ぶことが重要なポイントとして挙げられます。そうした中、女性に人気のある情報サイトなどでは、古代のムダ毛の処理のテクニックについて、度々ピックアップされることがあり、常に役立つ情報を得ることが良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 古代から始まった脱毛 All rights reserved